配合成分を把握しよう

筋肉質な人

主成分と添加物から作られている

バイアグラを横浜のクリニックで処方してもらうにあたって、どのような成分が含有されているのか知ることが大切です。含有されている成分を知った上で服用すると、安心して飲み続けることができるでしょう。
バイアグラには、主成分のシルデナフィルクエン酸塩や、9種類の添加物が含有されています。添加物と耳にすると不安に思う方も中にはいますが、薬の効果を発揮させやすくしたり服用しやすくしたりするために必要です。そのため添加物がED治療の効果を直接的に妨げることはありません。横浜のクリニックでも処方されているため、信頼して服用して大丈夫でしょう。

バイアグラがED治療に効果的な理由

バイアグラには賦形剤、結合剤、崩壊剤、滑沢剤、着色剤といった添加物が含まれています。それぞれの添加物が作用することで安全かつ有効にバイアグラを服用することができるのです。近年は添加物が含まれている食品を摂取しない人が多いですが、バイアグラの効果を最大限に引き出すためには、添加物は必要不可欠なのです。もし添加物のことで疑問点があれば、横浜のクリニックで医師に質問してみてください。
主成分となるシルデナフィルクエン塩酸には、血管を収縮させ勃起を妨げるPDE-5の生成を抑制する作用があります。そのため勃起状態が長続きし、血流もしっかりと陰茎まで届くのです。バイアグラには25mgと50mgの2種類がありますが、シルデナフィルクエン塩酸の量が異なります。25mgには105ng/mL、50mgには192ng/mL含まれており、強い効果が欲しい場合は50mgが良いでしょう。しかし独断で決めるよりも、横浜のクリニックで医師とどちらが良いか話し合い処方してもらうことで、十分な効果を得られるでしょう。